木造住宅のデメリット面で気になるのが、その耐震性ではないでしょうか。なぜならば、木造住宅は他の構造の住宅に比べて、イメージ的に地震などの揺れに弱いというイメージがあるからです。

では、現実的に見て、木造住宅の耐震性は良いのでしょうか。そして耐震の尺度や、木造住宅の耐震予防としてどのような方法があるのでしょうか。それらの点について、確認していきたいと思います。

木造住宅の構造は、本当に揺れに弱いのか?

構造面では他の素材と比較して弱くはない

今現在、住宅を作る構造は木材、鉄骨、鉄筋コンクリートが主流です。これらと比較すると、鉄骨や鉄筋コンクリートの方が、頑丈なイメージがあります。そのため、木造住宅は揺れやすいと捉えられるかもしれません。

しかし、住宅の揺れの強さは、木造住宅の場合、壁や柱など家を支える役割を果たすものがどれだけ多いかで変わってきます。ですので、構造そのものが頑丈ではない木造でも、設計時点で揺れへの対策が十分になされていれば、他の構造に比べて揺れに弱いということはありません。

軽い素材であるのは揺れに強いポイント

木造住宅が耐震性がある点として、もう一つ挙げられるのが、軽い素材で作られていることです。

重たい素材で作られている住宅は、その重さに比例して、揺れも大きくなります。その点、木造住宅はとても軽い素材です。ですので、家屋そのものの重量による揺れは、他の構造と比べて少なくなります。

このことから、木造住宅は軽い素材であることも、揺れに強いポイントとなります。

耐震性と耐震等級の関係について

耐震性は耐震等級という基準によって定められている

その家屋がどれだけの揺れに耐えられるのか。これを一般的に耐震性と言います。そして、住宅がどれだけの耐震性を持っているのかという基準になっているのが、耐震等級です。

耐震等級は1級から3級まであり、3級が最高ランクとなります。1級は建築基準法に定められているだけの耐震性(震度6強から震度7程度の揺れで崩壊しない、などの基準)を持つものです。そして、2級は1級の1.25倍の揺れに耐性がある、3級は1級の1.5倍の揺れに耐えられるものと定義されています。

木造住宅の耐震等級について

木造住宅も、上記でご紹介した耐震等級によって評価することができます。

木造住宅の場合、耐震等級のランクを上げる要素となるのが、壁の量や間取りなどです。また、二階建て以上の木造住宅であれば、最上階の重量や瓦の量などによっても、耐震性は変わります。

耐震等級は、その家屋を建築する際にあらかじめ設定することができるものです。そのため、木造住宅を建築するのであれば、耐震等級の希望を建築会社や設計会社に伝えることも大切になります。

木造住宅の耐震補強について

木造の住宅に行える耐震補強の方法

建築してから年数が経ってしまった木造住宅は、耐震性が下がっている可能性があります。ですので、耐震補強を行う必要がでてくるでしょう。そんな木造住宅へ行うことができる耐震補強は、いくつかのものがあります。

木造住宅への耐震補強の代表的な例を挙げますと、

  • 屋根部分の補強
  • 家屋の接続部分の補強
  • 壁の補強
  • 基礎部分の補強

などになります。

普段の生活の中で耐震性が気になった部分や、耐震チェックなどを行った上で、これらの耐震補強の方法を行うことが大切です。

耐震補強を兼ねたリフォームも良い

部分的な耐震補強であれば、気になるポイントのみで耐震補強をすることでリカバリーできます。

しかし、老朽化などによって多くの箇所で耐震補強をしなければならない場合、リフォームによって耐震補強を兼ねた施工も、行う利点があります。

リフォームであれば、中心となる柱を残して大幅な家屋の改修を行うことも可能です。

そのため、屋根の軽量化や、壁の増設、接合部分の強化、基礎部分の補強など、木造住宅へ全般的な耐震補強ができます。必要性があれば、リフォームという方法も検討してみるのも良いでしょう。

木造だからこそ、耐震性には気を配ろう

木造住宅は、その設計によって他の構造と同じ、もしくはそれよりも高い耐震性を持つことが可能です。そのためには、耐震性を高めるように耐震等級を高く設計・建築してもらうこと、そして耐震補強をすることが大切になります。

これらの点に気をつけて、耐震性に配慮さえしていれば、安心・安全な木造住宅に住むことは可能です。

木造住宅の寿命や住替えの時期についても、記事を書きました。

木造住宅の寿命とは?何年で住み替えるべき?

LINEで送る
Pocket